100年もの実績と信頼のある湘南を拠点とする葬儀社の和田

海が美しい湘南の地で、実に100年もの歴史を誇る株式会社の和田は、藤沢市にある葬儀社です。その祭壇は実に幻想的です。1つのオブジェを見ているようなその祭壇は、他の葬儀社にはないアートを感じるところです。

まるでハートマークにも似ているようなデザインが斬新で、故人のより美しい心を表わしているかのような祭壇をデザインすることができるのです。

ロビーは真っ白な宮殿のように美しく、天井のライトがそのピカピカの床に反射してはまるで宝石のように輝いているところが訪れる人の気持ちをパッと明るくするようです。

100年もの信頼と実績のある葬儀社は、明瞭かつサポートも大変に充実していおります。会員になれば、お得な会員割引制度まであり、より素晴らしい葬儀をリーズナブルに受けることができるのも魅力的です。

この葬儀社では、火葬式や出棺葬の他にもAからDまでのプランがあるのが特徴的です。一般料金では出棺葬が30万円のところ、メンバーズプランなら24万円となります。Aプランなら40万円なら実に8万円も安くなるのが魅力的です。

ドレープがかかった華やかなカーテンが美しく、故人がより喜ぶような葬儀ができます。

和田湘南斎場は辻堂駅の北口から歩いてたったの3分で行ける場所にありますし、セレモニーホール湘南は辻堂駅南口から歩いて1分という好立地にあります。

家族葬ができるのが家アドレです。葬儀のタイプにより、これらの斎場から選ぶことができます。

葬儀にしてほしいこと

葬儀と一言で言っても、それぞれ違います。
同じ宗派でも飾ってある花が違ったり、そこまで暗い雰囲気ではなかったりして、故人の考えって大事だなと思ってしまいます。
故人が何も言い残していなければオーソドックスなものになるでしょうし、何か言い残していれば、よっぽどのことでなければ意志を尊重してもらえることでしょう。
全て言う通りにしてもらうのは無理だと思いますが、飾ってほしい花やかけてほしい音楽くらい言い残しておけば、遺族も少し負担が減るのではないでしょうか。
決めなければならないことが少しでも減るというのは、嬉しいと思います。
私の友人の親戚が亡くなったときは、棺に薔薇を詰めてほしいと言っていたらしく、当日はまさにその通りになり、たくさんの薔薇が詰められたとのことでした。
葬儀に薔薇というのは変なかんじがどうしてもしてしまいますが、故人の遺言ならアリだと思います。
私の親戚はそういうのに無頓着なのか余裕が無かったのか、そういうのは何もなく、至ってオーソドックスな葬儀でした。
ですが、もし私が床に伏して物事を考える余裕があるときは、葬儀ではこうしてほしというのをいくらかは伝えたいなと思います。
それがみんなにとって負担の軽減になれば幸いです。

葬儀における身だしなみには十分注意する

大人になってからしばらく葬儀に参列する機会がないと、いざ参列するときに身だしなみのことであたふたしてしまいます。葬儀というのはとても大事な儀式ですから、その場にそぐわない恰好で参列するわけにはいきません。すべて完璧にピシッと決めるのは難しいかもしれませんが、最低限失礼のないような身だしなみで参列するのがマナーです。

そんな身だしなみの中でも特に重要なのが、男性の場合はやはりスーツです。スーツの色はもちろん黒がベストですが、黒のスーツをすぐに用意できなかったりするときもあります。そんなときは紺など黒系のスーツで参列するしかありません。また、ネクタイ・靴下・ベルトなども基本は黒で、シャツだけは白にするのが身だしなみの基本です。

それさえしっかりしていれば葬儀に参列したとき恥をかくことはありませんし、遺族から非常識な人だと思われなくて済みます。葬儀の主体は間違いなく遺族側にありますので、そちらに対して失礼がないように身だしなみを整えるのが参列する側のマナーです。それは20歳を超えて成人していれば誰でもみなされることですので、大人になったらきちんと考えておかなければなりません。ですので、葬儀における身だしなみには十分な注意が必要です。

最近の葬式時に掛かる費用について

昔は葬式と言うと、親族などを大勢集めてお坊さんを呼び、莫大な費用を掛けて行うのが普通でした。葬式だけではなく、その後の火葬から戒名をつけて貰うことなどを全て合わせると、100万円を越える葬式などもよくありました。ですが最近の葬式では、総じて葬式費用が減っているという傾向にあるそうです。こういった傾向になった原因としては、少子化と高齢化が挙げられると思います。
そもそも葬儀費用というものは、残った親族が払うというのがよくあるのですが、その親族特に子供の数が減っている為に、ひとり当たりに掛かる負担が増えています。平均年収が年々減っているという現状があるのに、負担が増えると生活が苦しくなるので、葬式の費用を抑えざるおえなくなっています。
高齢化について言うのなら、高齢者が亡くなった時にすでに子供の方が先に亡くなっている場合や、知り合いなどもほとんど亡くなっていてそもそも葬式に誰も来てくれる人がいないという場合もあります。私の祖父も去年亡くなったのですが、90歳を軽く越えていた為に子供も半分亡くなっており、知り合いもほとんどいなかったので、家族だけで簡単に済ませ費用が30万円も掛かりませんでした。
今後はさらに少子化や高齢化が進むので、さらに葬儀費用が減ったり、そういった格安プランが一般的になっていくのかもしれませんね。

葬儀にかかる費用は大きく3種類

葬儀に参列するなら、大人なら多くの人が経験したことがあると思いますが、自分で葬儀を行うとなると、逆に多くの人が経験したことがないものなのではないかと思います。その段取りや費用など、多くが不透明で、実際にその立場になってみないとわからないことが多くあります。その中でも、真っ先に考えなくてはいけないのが、葬儀にかかる費用です。
葬儀にかかる費用は、大きく3種類あります。1つはお葬式そのものにかかる費用です。まず葬儀場ですが、自宅で行う場合はかかりませんが、公共施設でも5万円ほど、民間なら15万円程度はかかります。また、遺影や棺、供花など祭壇にかかる費用が少なくとも20万円程度、遺体搬送や個人の遺体を冷すドライアイス等の費用で15万円は見ておいた方がよいでしょう。
2つ目は、飲食費です。来られる方の人数や斎場の規模などにもよって変わりますが、通夜振る舞いや精進落としなどでの飲食費の全国平均は50万円程度となっています。料理の程度やお酒の量によっても大きく変わってきますが、あまりけちけちしたくない部分でもあります。
3つ目は、寺院費用です。お葬式でお坊さんにお経を読んでもらうために支払う、お布施のことです。お寺にもよりますが、お通夜とお葬式と合わせて、戒名代も入れて、通常は少なくとも30万円はかかります。
この他に香典返しや心付けを含めると、一般的なお葬式をとり行うには、150万円~200万円程度はすぐ下ろせるお金が必要なことがわかります。

知っておきたい葬儀参列のマナー

社会人になると、途端に葬儀に参列する機会が増えてきます。回数を重ねるごとに慣れるものではありますが、恥ずかしい思いをしないように、または周囲に恥ずかしい思いをさせないように、最低限のマナーだけは押さえておきたいものです。
まず第一に服装です。喪服と一言で言ってしまえば簡単ですが、意外とわかっていないのが、洋服以外の部分です。男性はネクタイ、靴、靴下、バッグ全て黒が望ましいです。女性は化粧は控え目に、色味の濃い口紅は避けましょう。髪の毛もシンプルに黒ゴムでまとまるなどして、光るような素材のものを身につけるのは控えます。アクセサリーは地味目のパールのもののみで、ゴールドや色味のある石の入ったものはマナー違反です。靴も黒のシンプルなパンプスで、リボンがついていたり、光るエナメル素材を使ったものはやめてください。ストッキングも黒が望ましいです。
次に香典です。きちんと香典袋を利用し、親しい間柄でも、名前や住所、金額を記入しておきましょう。仏式の場合はご霊前、キリスト教式の場合は御花料、神式の場合は御玉串料という表書きが一般的です。
式場では基本的には案内に従いますが、あまり大声で話したり、遺族と長々と話しこむことは避けましょう。通夜振る舞いは、弔問客へのお礼と故人の供養のために振る舞われるものなので、どうしても時間がない時以外は少しでも箸をつけるのがマナーですが、あまり長居をしたり、お酒を飲みすぎるようなことはないようにしたいものです。

故人が好きな美しい花の祭壇を提案する人気の葬儀社

度々テレビでも紹介されている葬儀社では、お迎えが30分ほどで対応するサービスが話題です。4年連続で利用した人から選ばれている数々の嬉しいサービスが話題で、しっかりとした明白な費用を出す安心な葬儀社です。

家族葬だけではなく、参列する人の人数から様々な葬儀プランを提案しています。10名、20名、30名などのプランがあり、他の葬儀社とは違った美しい祭壇を提案しています。

お花いっぱいプランなら、日本的な花だけではなく、どこかヨーロッパを連想させるような海外の美しい花をたくさん使った洋風でおしゃれな祭壇を提案しています。まるで、花屋のような美しい祭壇は、まるで姫の寝室のようです。

そんな故人が生前好きだった花を選んでは魅力的な祭壇を作ることができるのも、人気度が高い葬儀社ならではなのです。

お料理にこだわったプランもあり、お寿司から天ぷら、刺身や肉料理まで、目で楽しめる和会席を楽しめます。他にも、スイーツが楽しめたり、ビュッフェが楽しめるおもてなし料理を出すプランもあります。又、夏場の葬儀に嬉しい冷たい料理を出すプランもあり、参列する人のことを考えたおもてなしをする葬儀社なのです。

そんな葬儀社では、故人が生前好きだった物や写真を祭壇に飾ることができます。遺影額は一味違った花の飾りが付いたおしゃれなものを使い、白木祭壇も様々なサイズがあり、費用を抑えることもできます。

最近の葬儀について

みなさんは葬儀というとどういうものを想像されますでしょうか?
きっと今でも多くの方は葬儀というと、家族や親戚や縁者を呼んでするのが一般的な葬儀だと
思っていると思います。

ですが、最近は若い人を中心にしてその流れが少し変わっているのも事実です。
それはどういう点でそうかというと、昔とは違ってコンパクトな葬儀を行うようになってきたというのがあります。

それは単に葬儀の費用を安くしようと思ってするのではなく、家族だけで行う家族葬というのが広まってきたというのがあるからです。

これは何も残された家族だけが望んでやるというよりも故人が生前から葬儀をシンプルなものにして欲しいと思うというのがあるからです。

ですから、今後そういう流れはもっと加速していって今以上に家族葬が増えていくと思います。それぐらい、今は葬儀はシンプルにやっていこうというのが今の時代の葬儀です。

ただ、もちろん例外はあって今でも葬儀は生前親しかった人や縁があった人をたくさん呼んで行うのもあります。ですから、今後の葬儀というのは少ない人数で行う家族葬か大規模葬儀の
二極化が進んでいくと思います。

それが今の時代の葬儀の風潮だと思います。他には中規模程度の葬儀もいくらかあるという風になっていくと思います。